4つのタイプのエイジングケア

4つのタイプのエイジングケア化粧品

4つのタイプのエイジングケア化粧品

エイジングケアの化粧品は4つのタイプがあります。まず潤いを補給するタイプです。ヒアルロン酸やセラミドなどが水分を保持することで乾燥から肌を守ります。肌は紫外線や気候などの影響で乾燥しやすいですが、バリア機能が失われるとシミの原因となり、乾燥肌の人は化粧品を使って潤いを与えます。

 

次に成長促進タイプです。皮膚やコラーゲンを再生する成長因子のEGFや肌のターンオーバーを整えるプラが代表的です。肌は年齢とともにターンオーバーが衰えるので、それを改善することで若々しい肌を作れます。

 

 

ハリを補充タイプにはコラーゲンとエラスチンがあります。コラーゲンは肌の基礎となる成分で、体内のタンパク質の30%を占めています。40歳を過ぎるとコラーゲンの合成が速度を上げて低下します。またエラスチンはコラーゲンを結合して、より肌を強固にする働きがあるので、これらの成分を補給すればシワやたるみが解消します。

 

 

そして抗酸化作用タイプもあります。コエンザイムQ10は、細胞を活性化させてシワを改善します。レチノールはビタミンAのことで、活性酸素を除去して肌のターンオーバーを促進するので毛穴の開きや肌荒れを改善します。他にもビタミンCが抗酸化作用を持っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ