エイジングケアは体の中からもケアが大切

体の中からも

体の中からも

シミ、シワ、くすみ、ゴワつき、ザラつき、たるみ、毛穴の開きなどの年齢による肌トラブルに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。その原因は、加齢に伴うコラーゲンの減少、活性酸素の増加、角質のバリア機能の低下、肌のターンオーバーの乱れなどがあります。これらの原因により肌がどんどん老化していきますので、対策は早いに越したことはありません。

 

 

具体的な対策の方法としては、化粧品での保湿ケアの徹底が最も重要になります。保湿により肌がうるおいと角質のバリア機能がアップして肌のターンオーバーも正常な状態になります。化粧品による保湿効果を高めるためには、体の中からのエイジングケアも必要です。

 

 

減少していくコラーゲンを補うためにはサプリメントやドリンク剤の摂取がおすすめです。活性酸素を除去するためには抗酸化作用がある水素水やビタミンCやビタミンEを積極的に摂取するのが効果的です。寝ている間に分泌される成長ホルモンは美肌づくりには必要不可欠なものなので、良質な睡眠を意識してホルモンの分泌を活性化させるということも心がけましょう。

 

 

代謝を高めて血流をアップさせることも大切なので、適度な運動を習慣づけることも心がけましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ